セーラーカラーブラウス
a0041984_15382821.jpg
パターン MPL
生地 リバティ

パーツと工程をみただけでへタってなかなか手をつけずにいたブラウスがようやく出来上がりました。
しかも、一枚目から本番生地のリバティで作ったので失敗は禁物でドキドキ!

出来上がると「なんでもっと早く作らなかったんだろう!」と思える満足のいくパターンでした。




生地をけちって買ったので長袖分とれず、半袖になりました。

長袖よりも半袖の方が工程が少なく失敗が少ないので半袖にしてよかったかも。
しょっぱなから本番生地だったし・・・。失敗して買い足すには高すぎる。

カーディガンを重ね着した時に襟腰が高い方がいいだろうなと思い、襟腰の高いB襟を選びました。

プルオーバータイプ意外のブラウスを縫ったのは初めてだったので、パターンにも仕様書にも忠実に丁寧に作りました。
めんどくさがりのワタシにしてはめずらしく些細なミスもほどいて直したり、しつけをしたりと時間をかけて作った一枚です。

芯貼りも負担になるほど多くなく、全体的にはブラウスにしては作りやすい一枚だったように思います。

着用感はダボつかずスッキリしてるわりに動きやすいです。
背中のダーツが女らしいラインを作っていていい感じです。

セーラーカラーって可愛いイメージになりやすいけど、さすがMPLですね。
甘すぎないすっきりとした大人のセーラーブラウスになりました。
パンツにもスカートにも合わせやすそうです。a0041984_1672180.jpg
生地がかわるとイメージの違うブラウスになりそうで、また作ってみようと思えるパターンです。
工程を読んだだけで手をつける気にならなかったけど、長袖もいつか挑戦してみたいです。

うちのトルソーは細い子なのでワタシサイズでは大きいようです。
全体的に大きいワタシの着用画像を控えめに小さな画像で・・・ひっそりと。
a0041984_16212325.jpg

トルソーの着用とかなりちがいますね(泣)
[PR]
by joujou-jun | 2006-03-29 16:29 | 洋服づくり
<< 入園・入学準備で・・・ Vネックギャザートップ >>